新年の1週間を有意義に過ごすための、100のアイデア

年末年始・新年・正月の過ごし方を考えてみました。「やることリスト」ではなく「アイデア」なので、この中から3つか4つでも、あなたにとって少しでも興味を引くものがあれば、ぜひ実践してみてください。

1.身近な人に感謝を伝える

親や兄弟、友人、同僚、上司や先輩などにさり気なく感謝の気持ちを伝えてみましょう。自分の気持ちがスッキリするだけでなく、信頼関係の構築にも繋がります。人と人は、立場を超えて精神的な繋がりで親しくなることができます。

2.自分以外の人に振る舞う料理をつくる

帰省して実家で過ごしている方は、親に任せるのではなく、朝食やランチだけでも自分でつくってみると良いかもしれません。一人暮らしで時々自炊をしている方も、実家のキッチンで料理をすると、新鮮な気持ちになります。

3.本を3冊読む

年末年始は本を読む絶好の機会です。「積ん読」を消化するほか、Kindleなど新しいデバイス環境を整えて、これまで読んだことのないジャンル(ビジネス書だけでなく科学技術の教養や、小説など)にチャレンジしてみると良いかもしれません。 [参考リンク] Kindle ベストセラーランキング100

4.年末にできなかった掃除をする

年末にはトイレや水回りの掃除が終わっているかもしれません。新年だからこそ掃除をしたい箇所は、デスク周りや玄関など、自分の生産性を高めてくれる場所を探して、掃除や整理整頓をしてみましょう。年末にできなかった方は、1月5日(日)までに掃除を終えておくと、スッキリとした気持ちで週明けの月曜日を迎えられるはずです。

5.秘湯に行く

若い人に人気の、清潔でいかにもモダンな温泉宿も良いですが、九州や東北、北関東であれば群馬県などには多くの秘湯(立ち寄り湯)があります。食事や清潔さを重視するのではなく、「お湯」そのものにこだわりをもって温泉を探すと、新鮮な体験ができるはずです。

6.Huluで映画を見まくる

正月をゆっくり過ごしたいなら、大量の映画・海外ドラマがストーミング再生できるWebサービス Hulu.jp に登録してみましょう。2週間は無料なので、のんびり見るにはちょうど良い機会です。また、iTunesの映画レンタルなどを使って、2013年に見逃してしまった話題の映画を見るのもおすすめです。

7.文章を書いてみる

本を読んでいると、自分でも文章を書きたくなるかもしれません。文章を書くことは、自分の思考を整理することに繋がります。一番簡単な方法はブログを書くことですが、FacebookやTwitterに、自分の考えやエッセイを投稿してみることから始めても良いかもしれません。

8.「2014年の100のリスト」を作る

この記事のように、自分自身にとって「2014年の100のリスト」を1月5日までに完成して、印刷して壁に貼ると良いでしょう。大事なポイントは、1年間で実現出来そうなことにフォーカスすることです。「人生の100のリスト」は有名ですが、なかなか達成困難なものも多いです。1年間という制約がある中で、あなたが取り組みたいことを具体的に書き出してみましょう。 「100のリスト」を作成する上で大事なポイント

  • 数字を含めて、具体的に書く
  • ミニマムでも達成可能なものを書く(「目標」というより「予定」だと考えると気持ちが楽になる)
  • 箇条書きをチェックできるようにして印刷し、必ず壁に貼るか持ち歩く
  • 「習慣」(毎月10冊の本を読む、毎日1時間英語を勉強する、等)は避けて、なるべく独立したリストを作る

9.漫画を読む

ふだん漫画を読まない方も、漫画喫茶に3時間だけ行ってみて、有名な漫画を読むと良いでしょう。最近は、自己啓発やビジネスの考え方、人生のライフプランに役立つ漫画なども増えています。

10.筋トレをする

この記事を読んでいただいている方は、次の項目に進む前に、上体起こしと腕立て伏せを10回ずつチャレンジしてみましょう。出来た方は、明日は20回ずつチャレンジしてみます。

11.新しい趣味を探す

趣味を探す方法は、身近な人に教えてもらうことです。身近な人を5人ピックアップして「最近何かハマっている趣味は?」と尋ねてみましょう。ヒントになるかもしれません。多くの趣味を持つことは、人生を豊かにする近道です。

12.瞑想する

瞑想は、なんとなく頭をスッキリするのではなく、科学的にも理想的な健康状態に近づくことが証明されています。「無心になる」「雑念を取り払う」ということは難しいことです。 すぐに出来る瞑想方法

  1. 頭のてっぺんから足の指先まで、(頭、髪の毛、眉毛、まつ毛、眼球、網膜、鼻… )と、人間を構成するパーツを限り順番に思い浮かべながら、ゆっくりとトレースしていくイメージを再現します(15分程度)
  2. その後、何も考えない時間を15分間つくってみます(車の音、風の音などあらゆる雑音に対して、「音が鳴っている」という客観的な事実のみを受け止めて、それに対して深く追求しないことです。

13.朝日が昇る前に目覚める

寝正月と言ったものですが、冬は空気が澄んでおり、朝が最もきれいな季節です。朝日が昇る少し前に起きると、早朝の静寂と幻想的な朝焼けを目にすることができるはずです。東京都の1月初旬の日の出の時刻は6:51です。6時30分にアラームをかけると良いでしょう。

14.頭のなかに思いつくキーワードを書き出す

綺麗に片付けたデスクに、真っ白い紙とペンだけを用意して、あなたが思ったことを次々と書き出してみましょう。どんな些細なことでも構いません。次々と出てくる言葉を書き出して、自分の思考の連鎖を観察してみましょう。

15.旧友やお世話になった人に手紙を書く

5人の人に手紙を書いてみましょう。大学・高校時代の同級生、お世話になったあの人に、手紙やメールを書いてみると良いかもしれません。年賀状は多くの人が受けとる可能性があるので、少しタイミングをずらして1月10日頃に届くように手紙を書けば、きっと印象的な手紙になるでしょう。

16.これまでに感動したことを思い出す

「心が揺さぶられる」「心が震える」体験について思い出してみましょう。そのときの自分の心の状態、気持ちはどんなものだったでしょうか。2014年、同じような体験ができるシチュエーションは予定されていますか? なければ、無理やりスケジュールをつくりましょう。例えば異国の壮大な自然を前にして感動を覚えたのであれば、今年前半の海外旅行のスケジュールを立てて、航空券を手配してしまうのがベストです。

17.デスクの整理整頓をする

自分のデスクの上は、あなたの頭の中とリンクしています。机を整理することで、自分の思考整理にもなることでしょう。

18.30分間で出来る、新しいことに挑戦する

新年を機会に、大きな志や習慣を作ることは良いですが、なかなか続かないものです。そこで、「30分間でできる」という制約をつけて、自分にとって「新しい挑戦」は何かを考えてみましょう。そして実践してみます。最新の研究結果では、「これまでに馴染みのなかったスキル」を新たに学ぶことで、記憶力が向上することがわかっています。

19.贈り物をする

家族や友人など身近な人だけでなく、2013年に出会った人に対して、目に見える物ではなく、体験をプレゼントしましょう。身近なものでは、映画のギフトカードや旅行券などです。500円のものを、10人にプレゼントしてみてください。きっとその経験は、自分が使う5000円の消費以上の価値があるものになるはずです。

20.「また買いたい」と思える本以外を捨てる

「いつか読むかもしれない」という理由で、ずっと本棚に残った本を整理しましょう。本を選ぶ基準は「また買いたいか」という一点だけです。本を整理しながら、つい読み始めてしまった本はそのまま残しておいて良いのです。

21.朝食にこだわる

都会の現代人は、コンビニのパンなどで腹ごしらえを済ませてしまいがちな朝食ですが、新年の朝食はちょっとだけこだわってみましょう。

22.部屋の荷物の4分の1を捨てる

あなたが十分に生きていくために必要なものは、あなたの部屋にあるモノのうち半分以下に減らすことができるはずです。不要なものは捨ててしまいましょう。1年以上着ていない洋服は、捨ててしまっても問題ありません。

23.未来のテクノロジーについて想像する

東京オリンピックが開催される2020年に、私たちの身の回りにあるテクノロジーは、どのように変化をしているか、一人の消費者として想像をふくらませてみましょう。

24.下着を一新する

目に見えない部分を新しくすることで、気持ちも入れ替わります。上質な下着というものは、男女を問わず、着心地だけでなく自分の気持ちを前向きにさせてくれます。

25.聴いたことのない音楽を聴いてみる

「耳が疲れる」瞬間があります。音楽を受け入れられなくなってしまったとき、違う国の音楽や、親しい友人がレコメンドしてくれる音楽を聴いてみましょう。聴く場所を変える、ということも良いです。(部屋であればベランダ、出先であれば公園など)

26.24時間オフラインになる

仕事のメールがあまり来ない年始の数日間は、オフラインになる絶好の機会です。この記事をひと通り読み終わったら、インターネットを断ち、自分自身と向き合う時間をつくってみましょう。

27.入浴剤やトリートメントなどのバスグッズにこだわる

入浴は面倒なものではなく、人間の健康・精神的な安心をもたらすものだと考えましょう。バスグッズに少しこだわることで、1日の終わりの入浴や、毎朝のシャワータイムが有意義なものになるかもしれません。

28.カメラを持って出かける

レンズ越しに見える世界は、非日常の世界が広がっています。カメラが無くても、スマートフォンのカメラ機能を使って、出かけてみましょう。フォトブックをつくっても良いかもしれません。

29.着たことない色を身につける

クローゼットには、似たような色の服であふれていませんか?「自分には似合わない」というのは、自分自身の思い込みかもしれません。初売りでは、着たことのない色の服を購入してみましょう。

30.新しいお酒にチャレンジする

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、世界には様々なお酒の種類があります。コンビニには売っていない、自分が飲んだことのない新しいジャンルのお酒を飲んでみると世界が広がるかもしれません。

31.モノやサービスの「シェア」について考え始める

モノやサービスを「所有」ではなく「シェア」するという考え方によって、消費を繰り返すストレスから脱げだすことができます。例えばカーシェアリングサービス「カレコ」では、首都圏を中心にガソリンスタンド以上の「カーシェアリング・ステーション」がすでに配備されており、急速に普及が進んでいます。また東京でも始まった「Uber」は、プライベートdriverをシェアするという発想で誕生した、世界で成長中のアプリのタクシー配車サービスです。

32.プロフィール写真を変える

あなたのFacebook、Twitterなどのプロフィール写真を変えてみましょう。

33.ネイルをシンプルなものにする

女性の方は、ネイルをシンプルなものに変えてみましょう。

34.SNSやメール・チャットではなく、電話をする

LINE、Facebook、Twitterがコミュニケーションの中心になっていませんか? 肉声でやり取りできる電話は、多くの情報量を持っています。「特に用事はないけど、おしゃべりがしたくて」と、身近な人に電話をしてみましょう。

35.行ったことのない都道府県を減らす

まず、訪れたことのない都道府県を書き出してみましょう。この1週間で、日帰りや1泊2日でも行けそうなところはありませんか? 5件以下だった方は、全国制覇することを2014年の目標に加えてみましょう。

36.人間観察をする

2Fのカフェの窓際から、道行く人々を観察してみましょう。

37.動物と遊ぶ

自宅のペットと思う存分遊びましょう。ふだんの接し方以上に、一緒に昼寝をしたり、愛でてあげて下さい。ペットがいない方は、動物園にでも行ってみましょう。

38.古いアルバムを見る

卒業アルバムや、子供の頃のアルバムを見返してみましょう。誰かに連絡をしたくなったら、電話してみましょう。

39.新しい資格の勉強を始める

資格は実用的なものでもなく、趣味でも良いです。また、資格によって何か有益な出来事が起こるとは思わないことです。大人になると、なかなか見つけにくい「自分に自信をつける体験」「勉強に向かう時間」を作るための、持ってみたい資格を探してみると良いでしょう。

40.10分間ぼんやりしてみる

たまにはぼんやりしてみるのも良いでしょう。

41.山に登る

初心者のかたの雪山は危険ですが、晴れた日には早起きをして登山をしてみましょう。低い山の多くには、途中に神社がたくさんあります。混雑した都心の神社よりも、清々しい気持ちで初詣ができるかもしれません。

42.海を眺める

できれば沖縄の離島に旅行しましょう。波の音に耳を傾けながら、2014年をどんな1年間にするか想像してみましょう。

43.髪型を変えてみる

新しい髪型に挑戦するなら、今でしょ。

44.新しいアプリを10個インストールしてみる

日々素晴らしいアプリが誕生しています。スマートフォンでアプリを検索してみて、自分のお気に入りのアプリを何個か見つけてみましょう。

45.スマートフォンのアプリを半分に減らす

一方で、多くのアプリが氾濫している状態でも有ります。6ヶ月以上使っていないアプリは、スマートフォンから削除しましょう。

46.ハードディスクを整理する

デスクの整理整頓と同様に、仕事道具や相棒であるパソコンのハードディスクの内部を整理をしましょう。

47.泳ぐ

大人になると、また現代社会においては水の中で泳ぐ機会がありません。あなたの住んでいる町から30分以内に、登録不要な室内プールがあるかもしれません。水に浮いてみましょう。

48.携帯電話を持たずに、ディナーにいく

食事中にもスマートフォンを触っている人が増えている今、改めて食事を楽しむために、あえて携帯電話を置いて食事に出かけてみましょう。

49.他人の絵馬を見る

けっこう面白いです。

50.健康診断に行く

2014年を健康な1年にするために、新年の1週間のうちに健康診断のスケジュールを入れておくと良いでしょう。

51.これまで生きてきた日数、平均寿命までの日数を数える

あなたが生を受けてから現在まで、何日経ったでしょうか。また、平均的な寿命を迎えるまであと何日でしょうか。

52.川柳を詠む

日本語の美しさに触れてみましょう。そのプロセスは、思った以上に頭を使います。

53.雲を眺める

おとなになると、空を見上げる機会も少なくなります。よく晴れた日の午後は、公園の芝生で大の字に寝そべり、雲を眺めてみましょう。

54.両親の話を聞く

年末年始は、両親のエピソードを聞く絶好の機会です。

55.自分の力で10万円稼ぐアイデアを考える

組織に所属し、与えられた仕事の成果として給与を貰うのではなく、自分自身の力で10万円稼ぐためにはどうしたら良いか、考えてみましょう。

56.家計簿をつけ始める

ダイエットと金銭管理は似ています。それらを成功させるためには、毎日「レコーディング」することです。自分の収支を把握できない以上、お金は貯まりません。MoneyFowerdなどのWebサービスを使えば、家計簿をつけるのも簡単です。

57.不要な銀行口座、クレジットカードを解約する

不要なものは溜め込まないように、銀行口座・クレジットカード・使わなくなったWebサービスなどの解約をしてみましょう。

58.読んだことのない雑誌を立ち読みする

立ち読みが許される書店であれば、自分が読んだことのない雑誌を手にとってみてください。

59.食わず嫌いを克服する

食わず嫌いがある方は、チャレンジしてみましょう。ダメだったらまた来年があるのです。

60.ブログを30日間、書き続けてみる

始めるのは簡単、続けるのは困難。30日間、まずはブログを書き続けてみましょう。「文章を書く」ことは思考整理につながります。誰かに読ませる必要は無く、読者は自分ひとりだと思って、自分のためにブログを書くという選択肢もあります。

61.新鮮なフルーツを使った料理をつくる

大きな鍋でじっくり煮込んだ自家製ジャム、キッチンの奥に眠っているミキサーで作るフレッシュジュースなど、新鮮なフルーツを買ってきて料理してみましょう。

62.初恋の人をFacebookで検索する

もし初恋の人が結婚していても、ショックを受けないようにしましょう。

63.小学校・中学校時代の恩師をFacebookで検索する

見つからないかもしれませんが、見つかったらメッセージを送ってみましょう。忘れられていてもショックを受けないようにしましょう。

64.田舎に住んでいる両親に、iPadをプレゼントする

もし両親がデジタルデバイスに対して難色を示すような場合でも、iPad なら大丈夫です。丁寧に使い方を教えて、リビングに1台置いておきましょう。

65.高校のクラスメイトを一人ずつ思い出してみる

4分1は思い出せないはずです。卒業アルバムを見てみましょう。

66.死後の世界について想像する

子供の頃、想像して恐ろしくなった「死後」の世界について、もう一度想像をふくらませてみましょう。

67.宇宙について想像する

宇宙は膨大で、多くの謎に包まれています。音を伝えるものはなく、出口のないトンネルです。いま話題になっている映画「グラビティ・ゼロ」を見に行くと良いでしょう。

68.ホームパーティを主催する

お正月を家族と過ごしたあとは、新年の料理をコンセプトに友人を招いてホームパーティを主催しても良いかもしれません。

69.スマートフォンのケースを変える

最近はスリム軽量ケースや、いろんなデザインのケースがあります。おすすめは、芝生をモチーフにしたiPhoneケースです。

70.一人でブレストをする

「100のリスト」を作るとき、一人でブレストをしている状態に近いです。他のジャンルでも、一人で出来るブレインストーミングを探してみましょう。

71.極上のスイーツを食べる

コンビニではなく、専門店に行ってみると幸せになれるかもしれません。

72.苦手な人のいいところを5つ見つける

あなたの苦手な人の良いところ5つ挙げてみてください。今後の人間関係がスムーズに行くための練習です。

73.確執のあった人、裏切られた人をゆるす

これは、あなた自身のためにきっと必要なことです。大事なのは「心の底から、本当にゆるす」ということです。人生は限られていて、自分以外の人の影響で、自分の魂を汚す必要はありません。

74.自転車に乗ってとなり町に行く

小学生の頃、やってみたかったんです。

75.とにかく笑う

初笑いは済ませましたか? 大事なのは「声に出して笑うこと」です。一人でネット徘徊して、面白いコンテンツを見つけて心のなかでクスっと笑うのではなく、友達と一緒に面白い動画を視聴して、大爆笑しましょう。

76.カレンダーを自分で作る

少しコンピュータの操作に慣れている方は、無料のデザインソフト(またはAdobe製品の体験版期間)などで、自分だけのカレンダーをつくってみましょう。スケジュールの立て方、時間管理の方法については人それぞれです。

77.一人でバーに行く

一人でバーに行ったら人生変わるかもしれませんね。もし違和感がなければ、異性に声をかけてみましょう。

78.自分の年齢☓1kmをスロージョギングする

あなたが30歳であれば、5時間かけて30kmのスロージョギングをしてみましょう。普段スポーツをしない方でも、ゆっくりゆっくり走れば大丈夫です。きっと達成感があります。

79.体重計に乗る

全ては、現実と向き合うことから始めます。

80.寿司を握る

自分で握った寿司は、意外と美味しいのです。もちろん近所で一番良さそうなスーパーで新鮮な魚を買ってきて、上手に炊いた酢飯を使いましょう。形は崩れていても、きっと旨いはずです。

81.ラジオを聞く

テレビの正月番組ではなく、ラジオの正月番組も魅力的です。

82.友達と朝食をする

新年に朝食会を開くなんて素敵なことだと思いませんか。朝はゆっくりと時間が流れます。とりとめのない会話のあと別れても、朝の10時です。そこから1日、あなたはきっと満ち溢れた時間を過ごせるはずです。

83.NISA口座で株式投資を始める

2014年1月からスタートした、「少額投資非課税制度」NISA(ニーサ)口座について調べてみて、3〜7年での長期運用の株式投資を始めてみましょう。これは税制改革に伴って、株式の売却益が約10%(特例)→ 通常の約20%に戻ってしまうことに伴って新たにできた制度です。20歳以上であれば口座を開設でき、年間100万円までの取引における有価証券売却益の税金が、0円になります。

84.12時間、好きな勉強をしてみる

受験勉強を思い出しながら、12時間机に向かってみましょう。ノートパソコンやスマートフォンで勉強するのではなく、紙とノートを使ってみましょう。

85.店員さんとコミュニケーションをとってみる

小さなお店やセレクトショップで、店員さんと会話をしてみましょう。

86.引っ越しを考える

自分を変えるためには、環境を変えるのが最も近道です。とはいえ、仕事を変えるのはなかなか決断が必要です。現状にモヤモヤとした気持ちを抱えているなら、部屋の大掃除のついでに引っ越しを考えてみましょう。新しい町に住むと、お店、出会う人、通勤ルート、ライフスタイルが一新します。

87.パスワードを変える

セキュリティに対するリスクが高まっています。早めに強固なパスワードを変えて、対策をしておきましょう。

88.お気に入りのマグカップを見つける

仕事場に一つ、自宅に一つ。ランチの後に、お気に入りのマグカップでコーヒータイムは至高の時間です。

89.キャンドルナイトをする

夕暮れ以降に電気をつけず、キャンドルだけで生活してみましょう。キャンドルの「ゆらぎ」は人の心を穏やかに、癒してくれます。

90.500円貯金を始める

今日から毎日500円ずつ貯金したら、今年の大晦日には約18万円たまっています。そのお金で年末年始に海外旅行をしたり、新しいMacbookを買っても良いでしょう。

91.Siriに「あけましておめでとう」と言ってみる

もしあなたが新年の挨拶をする人がいなければ、Siriと会話をして盛り上がりましょう。

92.プログラミングを始める

プログラミングは、業界に関係なく、教育上の素養となるものとして推奨され始めています。専門を極める必要はありませんが、アルゴリズムや、自分が使っているソフトウェアがどんな仕組みで動いているか知っておいて損はありません。

93.行きたかったお店に行ってみる

休暇が明けたら、ずっと行きたかったお店に行ってみましょう。新年の休暇明け、1月6日(月)のランチ・ディナーは、お店の人やシェフの料理も、きっといつも以上に気持ちが込められているはずです。会話も弾むかもしれません。

94.財布を整理する、または財布を変える

レシートや不要なポイントカードであふれていませんか? もしあなたが経済的な成功に向けて努力をしている人であれば、財布の状態をもう一度チェックしてみましょう。精神論ではありますが、整理整頓された財布を持ち歩くことで、あなたの姿勢もきっと変わってきて、巡り巡ってあなたの人生にプラスになるかもしれません。

95.自分の悩み、弱みを人に打ち明ける

信頼の置ける身近な人に、自分の悩みや弱みを打ち明けましょう。大切なことは「何か回答を求めるわけではなくて、ただ自分の話を聞いてもらいたいんだけど」と、前置きを置くことです。話を聞くだけなら耳を傾けてくれますし、あなたも話をするだけで気持ちが整理できるのです。

96.寝る前の30分間に、ストレッチをする

快適な睡眠と、日々の健康のためにストレッチを取り入れてみてください。

97.6年計画を立てる

2020年の東京オリンピックは、多くの日本人にとってちょうど良い目安になるはずです。2020年の新年を迎えるまでに、あなたが達成したい目標を立てて、それを1年ごとに分解して、筋道を立ててみましょう。6年というのは、生まれてから小学校に入学するまでであり、小学校に入学して卒業するまでの期間です。あなたがもし今日生まれたと思ったら、これから6年かけて、あなたは何をしますか? 2014年の新年に、ぜひ考えてみましょう。

98.知らない人に、自分から挨拶をしてみる

まったくの他人に挨拶はしづらいですが、自宅マンションのエレベーターで居合わせた人などには「おはようございます」「こんにちは」と声をかけてみましょう。気持ちもスッキリするはずです。

99.自分のことを好きになる、過去の自分を認める

自分のコンプレックスを認めましょう。自分の過去の過ちを認めましょう。過去を振り返るのではなく、未来を見据えるのに最適な1週間にしましょう。

100.やらずに後悔していることをやる

あなたが後悔していることを抱えているのであれば、それはどんな形であれ、自分の行動を制約するものの一つになっているはずです。やらずに後悔していることがもしあれば、早めに消化してしまうことです。そして、どうにもならない事があれば、それについては「認めて」忘れてしまうことです。


2014年は、始まったばかりです。皆さんの1年が素晴らしい1年になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>